ファジ完敗、札幌に0-1  ファジアーノ岡山

ファジアーノ 桃瀬

 明治安田J2第9節(26日・シティライトスタジアムほか=11試合)ファジアーノ岡山はホームで札幌に0-1で敗れ、順位は二つ下げて7位となった。通算4勝3分け2敗(勝ち点15)。
 首位の磐田は千葉との上位対決を2-0で制し、勝ち点を22に伸ばした。金沢も熊本に2-0で快勝し、同21で2位をキープ。大宮はファジアーノが次節対戦する水戸を2-1で退け、長崎、千葉とともに同17とした。讃岐はC大阪に1-3で屈した。札幌1-0岡山前半1-0後半0-0札幌4勝3分け2敗(15)岡山4勝3分け2敗(15)
 【評】ファジアーノ岡山は元気なく敗れた。球際の激しさや積極性を欠き、同じ3-4-3の布陣を採用する相手に“局地戦”で完敗。好機らしい好機をつくれず、シュートは遠目から放った2本のみに終わった。前半ロスタイムの失点が痛く、最後まで立て直せなかった。
 札幌はこぼれ球への反応や攻守の切り替えの速さで上回った。数少ないチャンスを生かし、MF宮沢が見事な決勝点を突き刺した。